Interview: LANKS

ivanhoe shot 1オーストラリアはメルボルンを拠点に活動するマルチ・インストゥルメンタリストでありシンガーソングライターLANKSが通算3枚目のEPとなる『Viet Rose EP』をリリース。共同プロデューサーとしてChet FakerOscar key Sungなどの仕事で知られるメルボルンの音楽シーンにおいて裏ボス的存在感を放つ敏腕プロデューサーAndrei Ereminを迎えた今作。先行シングル”Golden Age”, “Holla”のカラフルで情緒あふれたポップから、Vaporwaveの領域にまで近づいた”Sometimes”,そしてRadioheadのバラードのような寂寥感をもつ”Kyneton”まで、今までのLANKSの集大成ともいうべき傑作に仕上がっています。

レーベルも、ハイプも、多大な制作費も無しに、自分だけの力でここまで上り詰めたLANKS。彼が一体何者なのか、音楽に対してどのような感情を抱いているのか、そしてクリエイティビティとの戦い方など、興味深い話をたくさん伺うことができました。

Interview: LANKS
By Satoru ‘Teshi’ Teshima, October 16, 2016

LANKSは何者?
LANKSは僕のこと。アーティストとしての人格であり、旅の一環。僕の本当の名前を知らない人も多いよ。そのほうが僕っていう感じがする。実生活ではバランスのとれた生き方を目してるけど、LANKSでは深く思想や感情について探求しようとしている。

どんな曲があなたのパーソナリティーを反映していますか?
自分の曲であれば”Holla”が僕という人間を一番表現している思う。エモーショナルでイキが良く、あらゆるレイヤー、セクション、アイディアがごっちゃ混ぜになって、一つの面白いカオスを生み出しているんだ。僕はそういう感じってことかな。他の人の曲であれば、もしかしたらRadioheadの『アムニージアック』に収録の”You And Whose Army?”がベストかもしれない。当たり前の事を疑問に思ったり、それをぶち壊そうとするのが好きなんだ。この曲はそんなメッセージをほんのり刻んでる気がする。

子供の頃から音楽好きだったのですか?
姉と僕は子供の時からずっと一緒に音楽を学んできた。彼女はトロンボーンとキーボードを、僕はギターとフルートを。ずっと音楽を一緒にやってきたし、Victorian College of Arts (美大)でジャズも勉強したんだ。音楽一家でね、いつもいっしょにジャムセッションを行ったり、何よりも音楽の楽しくてクリエイティブな面を経験しながら育った。僕の従兄弟もミュージシャンで、Ry X (The Acid, Howlingも)という名前で活躍してるよ。

初めてオンラインに自分の音楽をアップした時は何歳だったか覚えていますか?どんなサウンドでしたか?
いつも何かを作っていたから、楽器を手にした瞬間からすぐに曲を作り始めたよ。12歳の時に初めて書いた曲をどうやって演奏するか、まだ完璧に覚えてる。それが初めてアップした曲かは覚えてないけれど、10代の頃はたくさんの曲をMyspaceにあげてた。Soundcloudのいろんなアカウントにランダムにあげた曲やアイディアはおそらく100曲くらいある。

東京からはメルボルンの音楽シーンのことはよく分かりません。メルボルンのミュージックシーンやコミュニティについて教えてくれますか?
ここのミュージックシーンは素晴らしいよ!サポートしてくれる人も多いし、クリエイティブでタレントに溢れた人たちはみんな一生懸命制作に努めていて、一緒に成長している感じなんだ。Kllo, Hayden Calnin, Woodes, Big Scary, Andrei Ereminなんかをチェックしてみて!いま、メルボルンのクリエイティブなミュージックシーンが世界中で広がっているのを感じてる。これからどんどん面白くなるはずだよ。

ホームスタジオがあるとお聞きしました。セットアップ内容を教えてください。
ピアノにギター、フルート、マイク、そしてラップトップ。かなりミニマルなセッティングにしてる。もっと色々足したいんだけど、自分に制限を与えて制作するのも好きだから。プラグインはひとつだけ。同じセットアップで3つのEPを作ったんだけど、かなり楽しかったよ。少ないセットアップでどれだけクリエイティブになれるかってチャレンジがあったから。今回はAndrei Ereminがプロデュース、ミックスとマスタリングを手助けしてくれて、曲の魅力をさらに引き出してくれた。

どれくらいの頻度で作曲をしているのですか?
なるべく毎日を心がけている。ツアー中は少ししか時間がさけないけど、なるべく何か作るようにはしているんだ。道中は手こずることが多いんだけど、だらけてても何も生まれない。心をオープンに、前を見据えて、自分を問い詰めるメソッドが、作曲の上で今の所一番プロダクティブ。

アイディアがまったく思い浮かばなかったり、やりたいことが多すぎたりすると、制作において行き詰ることがあると思います。どのようにして壁をぶち破りますか?
クリエイティビティも作曲も、どれも問題を解決していくことから始まる。同じところに立っていては、どんどん深みにはまっていくだけで、何も変わらない。もっと心をオープンにして再び立ち向かうことで、僕の制作へのアプローチもよりよいモノになってきたと思う。何時間も時間をかけることは問題じゃないよ。思いついたアイディアがうまくフィットしなくても大丈夫。自分が本当にいいと思うものに行き着くには時間を要するものだし、だからもっともっと時間をかけて追求していけばいい。

困難にぶちあたったら、散歩にでも出ればいいし、別の楽器を使って書いてみるのもいい。偶然性を使ってみるのも(メモにアイディアをいっぱい書いて、帽子からそれを引いてみるとか)、ギターの弦を一本しか使わないとか、ピアノで指2本しか使わないとか色々方法はあるはず。脳が当たり前だと思っている自然なパターンを壊す。自然体から抜け出すことで、無限の可能性が広がる。

あなたの音楽は生音とプログラミングされたサウンドが程よいバランスでミックスされています。サウンドに重点を置いて考えた時、作曲にどのように取り組んでいますか?
周りにあるもので音を作り出し、サウンドのパレットを仕上げていく。いまピアノが特に気に入っているけど、ギターとピアノは子供の時からずっと弾いているから、この三つで実験することが多いかな。自分にとって普通でない音を立てるのが好きなんだ。それが僕が追い求めているサウンドで、僕をエキサイティングな気持ちにさせてくれる。コンピューターを使った作曲はまるで織物をしているようで、多くの時間が必要。ものづくりのプロセスって楽しいよね。

a3826445125_10

あなたの祖母が最近のリリースでアートワークを担当しているようですね。このコラボレーションはどのように始まったのですか?
おばあちゃんは素晴らしいビジュアルアーティストで、妹の21歳の誕生日のタトゥーをデザインしたんだよ。心の中でいつも彼女とコラボレーションをしてみたいと思っていた。今年までは僕のルームメートで親友のWill Devereuxが、作品のアートワークとデザインワークを担当してくれていたんだけど、もし彼とおばあちゃんを合わせた面白いなと。彼がまるでミクシングエンジニアのように彼女のイラストにちょっとずつ手を加えていった。ずっとおばあちゃんの作品の大ファンだったし、この経験をシェアすることができて本当に嬉しい。僕のアーティストとしての人生がどうなっても、友達や家族とのコラボレーションはずっと大事にしていきたいし、やっぱり素敵な人々との仕事は楽しいものだから。

新作EPのタイトル『Viet Rose』に込められた意味を教えてください。
Viet Roseはメルボルンにある僕のお気に入りのラクサレストラン。実はそこのすぐ近くに住んでいて、僕の過去の人生をずっと見てきた存在なんだ。$10のベジタリアンラクサが僕を生き長らえさせてくれた。僕は100%インディペンデントなアーティストだからチャレンジも多い。ここ2年でEPを3枚仕上げ、多くのサポートツアーも行った。でも究極的に、それは本当に自分がやりたい音楽をリリースできるということで、その経験からいろいろなことを学ぶことができた。もし今レーベルから何か音楽をリリースすることになっても、その理由がすぐにわかるし、先に学んでおいで全く損はないことなんだ。

Facebook, Snapchat, Instagram, TwitterとSNSを活用してますね。ファンとの関係づくりにどれくらい役立っていますか?
とっても!僕はファンと友達になるようにしているんだ。ソーシャルメディアを通じて連絡を取り合うことができるし、人生を共有できる。ソーシャルメディアにも欠点はある。でも利点のほうが多い。ファン層をコントロールする「仲介者」を取り除いてくれるしね。じゃあ自分一人になったときどうすればいいか。音楽で人とつながるように、ファンと関係性を築き上げることができるかが、チャレンジなんだ。その点で、インターネットは僕たちに力を与えてくれたと思う。

テクノロジーの黄金時代に生きる私たち。まるで全てが手の届くところにあるような、そんな世界です。人々の音楽への取り組み方はどのように変わったと思いますか?
テクノロジーが物事を変えることに対して、僕はシニカルな気持ちでいる。人間の本質は変わってないと思うよ。テクノロジーの進歩の前に、僕らは感情を持った生き物だってこと。テクノロジーがもたらしたのは、みんながベッドルームで曲を完成させられるようになったこと。しかも自分の裁量で、静かな場所で自分たちのスキルを磨くことができる。特に注目を浴びる前に、まだ充分に自信が無くて、いろいろ試したいときとか。コンピューターが現れる前にも、昔から人々は家で音楽を作っていた。一番大きな違いは様々なチャンネル(ソーシャルメディア、サウンドクラウド、インターネット)が、音楽好きやリスナーへのリーチを助けてくれること。しかも世界のどこからでも。

自分の人生を映画タイトルに比較してみてください。
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」ー僕の本当の名前はウィルといって、常に新しい情報や知識を追い求めてる。新しい経験に心を惹かれるし、新しいモノにはいつだって飛びつく。自分のことを天才だなんて思ってないけど、一生懸命に何かを取り組み、追求し、我慢強くあることが大事だと思うんだ。

最後に、冷蔵庫にペンギンがいたらどうしますか?
ずっと抱きしめ続ける。

LINKS:
Official Website
Facebook
Twitter
Soundcloud

LANKSの『Viet Rose EP』はただいま発売中。日本からはiTunesBandcampで購入することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】Lights + Music、9月16日から19日にかけて開催される東京アートブックフェア2016に出展決定!

TABF_バナー

なんと!今年もLights + Musicはアジア最大級のアートブックフェア「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016」に出出展が決定しました。友人のクリエイターと共に、遊び心が効いたアーティストブックや、グッズなどを販売する予定です。

今年はフランス人の絵本作家Gabriel Gay(ガブリエル・ゲ)、パンチの効いた子供向けの教養英語本を独自に制作するOhno Haruka、インターナショナルな感性を武器に個性を爆発させるSHARARと、東京のアンダーグラウンドに精通するYOSHIの作品や、ニューヨークのプロデューサーExitpostのオリジナルCDとアートブック、東京の新進気鋭デザイナーチームMomongaboxのZineに、オーストラリアのアーティストGenevieve HarnettによるZine、そして僕もカナダのデザイナーのChristina、スイスのクリエイターValentinと共に、オリジナルブックを販売します。是非遊びにきてくださいね。

The Tokyo Art Book Fair 2016
京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
東京都港区北青山1-7-15
期間:2016年9月16日(木)〜9月19日(日)
※Lights + Musicの出展は18, 19日です
入場料:無料

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features, NEWS | タグ: , |

Sunday chill out ―杯音圏レポ 「BRRWD summer session: NOTHING HURT AND EVERYTHING WAS BEAUTIFUL」

13567001_1727624364163908_8365207630700343707_n

夏の昼下がり、東京のユースカルチャーの中心地である原宿。その一角にあるギャラリー“UltraSuperNew gallery”に乾杯の音が響く。まだ出会ったことのない人たち、聴いたことのない音楽、触れたことのないカルチャー。一歩そこに足を踏み入れれば、肩書きや身分、国籍や性別を飛び越えた世界が広がっている。

「杯音圏-SHAPE YOUR CITY-」は6/24-7/21にかけて行われた、東京の新しいムーブメントを世界へ向けて発信するプロジェクトだ。会場となったUltraSuperNew Galleryでは日々、入れ替わり立ち代わり様々なアーティストがパフォーマンスを行い、来場者に新しい世界を魅せていた。今回そのなかから7/17(日)に行われたイベント「BRRWD summer session: NOTHING HURT AND EVERYTHING WAS BEAUTIFUL」の様子をレポしたいと思う。

IMG_3077

UltraSuperNew Galleryのエントランスをくぐり抜けると、まずドリンクチケットがもらえるわけだが、SNSでハッシュタグ「#杯音圏」と書いて会場の写真を投稿するだけで、ハイネケンの瓶ビールが振る舞われる。エントランスフリーなうえにフリードリンクという大盤振る舞いに、すでに新しいイベントの形を提示された気がした。

IMG_3053

当日は今年4月にコンピレーション〈BRRWD LOVE Vol.1〉をリリースしたRepeat Pattern & Ta-kuによるアーティスト・コレクティヴBRRWDのローンチ・イベントが開催されており、 “flau”を代表するアーティストsubmerseausがDJするなど、会場では昼下がりによく似合うメロウなビートが漂っていた。

またDJやライヴの合間にはNoahの未発表音源も特別公開され、透き通った光が飛散して辺りを眩しく照らすような、心洗われるサウンドがスピーカーから流れていた。腰を下ろし、目を閉じて音に身を委ねる人々の姿が印象に残っている。

IMG_3050

会場では特設ブースで物販の販売も行われており、flau所属のアーティストたちの手から直接CDなどを購入することができた。そして会場内では、あちこちでアーティストと来場者が乾杯を交わしていた。アーティストと近い距離で、新しいサウンドやアートを共有できる空間は来場者にとって新鮮な空間であったに違いないだろう。

IMG_3073夜になりアルコールが深くなるとともに、東京を拠点に活動するビートメイカーYagiのライヴが始まり、心地よいテンポでありながらも身体を揺らさずにはいられないような、柔らかくも鋭いビートサウンドが流れ始めた。

IMG_3069人々の間を埋めるように流れていく音楽は、その時間を特別かつ豊かなものにしていたように思う。私も気付けば旅行中という中国人男性と、そのときに流れていた音楽について「この曲いいね」と話していた。国も性別も違う見知らぬ誰かと「音楽」というツールを通して繋がり、またひとつ知らない世界の扉が開く。その体験こそが「杯音圏」だと、実感することができた。会場では終始、笑い声と音楽が絡み合って鳴り響いていた。

text & photo by Naoko Okada

杯音圏
BRRWD
flau

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features | タグ: , , , , , , |

Favourite Albums of 2016 (So Far)

a1895762218_10Anohni, “Hopelessness”

Love-StreamsTim Hecker, “Love Streams”

d258705b-d6d7-4e3c-9c65-972533d94d41_grandeLuh, “Spiritual Songs for Lovers to Sing”

a0513035967_10Julianna Barwick, “Will”

80b24721e3e5fba67f5a86898770d019Radiohead, “A Moon Shaped Pool”

JESSY-LANZA-OH-NOJessy Lanza, “Oh No”

unnamed_ujpnc5Roly Porter, “Third Law”

PJ-Harvey-The-Hope-Six-Demolition-ProjectPJ Harvey, “The Hope Six Demolition Project”

james-blake-the-colour-in-anything-640x640-1James Blake, “The Colour In Anything”

6050520Port St. Willow, “Syncope”

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features, NEWS | タグ: |

Exclusive: Solar Bears, “Endings are Beginnings Mix”を独占無料ダウンロード

Solar_Bears003_tldPhoto by Dorje de Burgh

SF的世界観を見事にサウンドに落とし込んだ傑作『Supermigration』に続き、John KowalskiとRian Trenchから成るアイルランドのエレクトロデュオ、Solar Bearsが新作『Adcancement』をデイヴィッド・リンチらが所属するSunday Bestから3月18日にリリースします。Solar Bearsはサイケデリックなエレクトロニカ、クラウトロックからライブラリーミュージックなど、噛めば噛むほど味がでるような音楽要素を吸収し、彼ら独自のサウンドとして組み立てています。『Advancement』は二人が愛する映画音楽や実験映画にインスパイアされ、光の加減、抽象的なテクスチャーや混じり出す幾つもの色達が重なり合い、化学反応を起こします。

今回Lights + Musicはアルバムの発売に先駆け、彼らにオリジナルのミックスを提供していただきました。まるで続きが気になる不可解な夢のサウンドトラックのような、退廃的で不思議に心地よいサイケデリアに没入することができる30分、ぜひお楽しみください。二人の好意により、フリーダウンロードも可能です。

アルバムトラック“Man Plus”はこちらから。彼らと2012年に行ったインタビューはこちらから。

[ダウンロード]

トラックリスト:
Dave Sarky – Canadian Colours Theme 4
Aleph – Love Memories
Luis De Pablo – El Espiritu De Colmena
Hudson Mohawke – Kettles
Polish Radio Orchestra – Why Do You Say Goodbye
Eugen Thomass – Regenbogen (Rainbow)
Piero Piccioni – Magic Carillon
Ravi Shankar – Prahjubee
Munju – Moon You II
Hype Williams – Break4love
Francois De Roubauix – Chamonix (Reversed)
Marie Laforet – Pour Celui Qui Viendra
Beaver and Krause – Sanctuary
Mahavishnu Orchestra – Hope

Artwork by Michael Robinson

Solar Bears 'Wild Flowers' from Sunday Best on Vimeo.

Connect with Solar Bears
Soundcloud
Facebook
Twitter

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features, NEWS | タグ: , , , , |

Best Singles of 2015

ベストアルバムに続き、2015年のお気に入りシングルを発表!個人の好みから女性シンガーがかなり多くを占めますが、どれも僕の胸にがっつり突き刺さり、エンドレスリピートしたトラックばかり。ご参考になればと思います。

Carley Rae Jepsen – All That

Semi Precious – Framing Words

Torres – Cowboy Guilt

Colleen – I’m Kin

Anhoni – 4degrees

Bjork – Stonemillker

Joanna Newsom – Sapokanikan

Lana Del Rey – Freak

Cuushe – Shadow

Radicalfashion – Pointllism

Deerhunter – Breaker

Tame Impala – Let It Happen

Honne – Coastal Love

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features | タグ: |

Lights + Music Presents The Best Albums of 2015

今年もやってきましたベストアルバムのシーズンです。去年から音楽シーンを賑わせているArca, Oneohtrix Point Neverなどの新世代ミュータント系プロデューサーの新作や、Roisin Murphy, Blur、The Pop Groupなど大物のカムバックなど、話題作もたくさんありましたね。また、今年からApple Music等のストリーミングサービスがポピュラーになり、音楽鑑賞の形もどんどん変化しているように思えます。そんな中、今年のお気に入りのアルバムを38枚選びました! リストの最後にサンクラで見つけた音源で作ったプレイリストもあります。あわせてぜひお楽しみください〜。

Read more »
このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features | タグ: |

stream: Soleil Soleil, “Self-titled”

関西のプロデューサーSoleil Soleilが待望の新作アルバムをbandcamp上でリリース!Kitsune勢を彷彿とさせる夏の気分を上昇させる爽やかなハウスチューンから、エクスペリメンタルなダンストラックまで、振り幅の広さを見せつけた最高の一枚。超いい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Focus: Ash Koosha

ashkoosha

イランはテヘラン出身のAsh Kooshaが当ブログに『GUUD』ミックステープを送ってきたのは今年の四月。再生ボタンを押した瞬間にめくるめく音世界が耳の中だけではなく、頭の中に広がり、ジャンルという概念をぶち壊した世界観に一瞬で引き込まれました。まさに42分の脳内トリップ。Flying Lotusとよく比較される彼の音楽は、遊び心があり自由で先がまったく想像できません。リリースされるとYoutubeの辛口音楽レビュアーThe Needle Dropが彼に注目し、高評価を下します。アメリカの名門エクスペリメンタル音楽レーベルOlde Spelling English Beeも彼の才能に注目し、Name Your Priceで再リリースされることとなりました。最近はPitchorkのBest New Musicを獲得するなど、彼に対する評価、注目はさらに加速しています。当ブログはAsh Kooshaに再アプローチし、メールインタビューで彼の独特なコンポジションスタイル「ナノコンポジション」について、音楽環境、そして夢のコラボレーションなど様々なお話を伺うことができました。最後に『GUUD』のフル視聴リンクもありますので、ぜひぶっ飛んでみてください。

Focus: Ash Koosha
By Satoru ‘Teshi’ Teshima, July 28, 2015

あなたの音楽を3つの言葉で表してください。

没入、超分子、泡状建築

あなたはもともとクラシック音楽の教養がありますが、どのようにコンピューターでの音楽制作に興味をもったのですか?

クラシックの形と構造、そして僕の人生全てを語るような柔軟性に興味をひかれました。大人になるにつれてエレクトロニック音楽にもっと触れるようになり、さらにノイズとサウンドデザインの世界を探求する必要があると感じました。それから周波数で様々なものを試すようになりました。それからどこで見つけたかわからないようなサウンドで、クラシック音楽の形態をもった楽曲を作るようになったんです。

あなたのインスピレーションは何ですか?

未来。いま10年後の自分ががどうなっているか想像しながら実験的に生きるのが好きです。

今はロンドンを拠点に活動していますね。テヘランとの生活とどのように違いますか?

一般的に生活環境が選ぶサウンドや趣向に影響を与えると言いますが、私の意見では街がわたしたちのあり方を形作るのでなく、わたしたちが街のあり方を形作ると考えています。私にとってはロンドンは世界の大きな街の一つで、ただ制限は少ないですし、ロンドンならではの特徴をもった場所ではありますね。

『GUUD』は最初から最後まで通して聴くべきアルバムのように感じました。”Bo Bo Bones”、”JamJaamJam”、”SlamSlamSlam”など遊び心をもったタイトルがならびますが、なにかアルバムに特別なコンセプトはありますか?

トラックの名前は基本的にふっと思いついたものであったり、頭の中にあったイメージをそのまま表現したものです。”JamJamJam”と”SlamSlamSlam”は両方とも三幕構成のトラックで、一つはもともと頭の中で未来から来たバンドがジャムを繰り広げているイメージがあり、もう一つは3Dモデルのスラムダンクのビデオ(※漫画ではない)を何度も繰り返し見ているときにレコーディングしたので、このような名前になりました。

アルバムを通して感じたのがジャンル、スタイル、曲構成の『形を崩す』作業が次々と行われていることでした。「ナノ・コンポジション」というスタイルを取り入れたとのことですが、それについて詳しく教えてください。

ナノ・コンポジションは私のスケールと波形に対する執着心から生まれました。ナノテクノロジーや量子的領域についての書冊をたくさん読むのですが、ある日面白いアプローチを思いつきました。音楽を物質のように扱い、サウンドを物体として組み合わせることができる空間を作りだすのです。録音してあったサンプルのピースを仕掛けてみると、サンプルから生まれた一つ一つの波形のフラクタルパターンの中に、たくさんのランダムな音の行動を発見することができました。私が作り出した音の事象にあるふぞろいのカオスをうまくコントロールしようと試しました。結果、ふぞろいのサウンドで出来た見知らぬ世界への42分間の音楽体験が生まれたのです。ジャンルに関しては、結果がどうなるかまったく想像できないため、いま存在する音楽ジャンルの構造にはめこむことはできません。

このアイディアはどのように形になったのですか?

ショパンからヴァグナーまで、私は常にクラシック音楽を聴いています。でも時々、周波数は長年私たちが親しんだ楽器に制限されていると感じます。テヘラン音楽院にいる頃にサウンドをサンプリングしてクラシック音楽の形態に流し込むことで、それを変えてやろうと思っていました。年をとるにつれて、私は頭の中の音楽を映像化しているのだと気がつきました。それからクラシック音楽にピッタリ合い、演劇風な動きと構造的に価値のあるサウンドを探すのは面白いのではないかと思いました。最近ナノテクノロジーのことを知り、僕の未来主義的な問題を解消してくれる方法を見つけるための可能性が開きました。

アルバムタイトルの『GUUD』はグッドの意味ということですが、あなたにとってグッドな音楽はどのような音楽ですか?

GUUDは不完全のグッドです。ふぞろいのランダムなものや、偶発的なもの、エラーの中に「良さ」が存在すると考えてます。なので音楽は良くも悪くもあるべきでないですし、不完全なものから感情的なインパクトを引き出すべきだと思います。もしある瞬間の中で音の激しさがインパクトを与えるのなら、それは「グッドな音楽」と呼べると思います。

あなたの夢のコラボレーションは?

ラース・フォン・トリアー。

Ash Kooshaの次のステップはなんですか?

ナノ・コンポジションと音楽体験の現象学のアイディアをさらに推し進めた新しい楽曲をいま完成させているところです。

Connect with Ash Koosha

Facebook
Soundcloud
Twitter
Olde English Spelling Bee

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features, Focus | タグ: , , , , |
このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features | タグ: |