2012年のおさらい:Interview, Focus, Guest

引き続き2012年のおさらいです。
今回はInterviw, Focus, Guestをまとめます。

Interviewは新作をリリースした今話題のアーティストにQ&A形式でお話を伺うものです。

【Interview】

いきなりエクスペリメンタルポップの最重要レーベルCascineのボスにインタビュー。レーベル設立2周年を記念した直撃インタビューです。音楽ビジネスの有り方など、かなり興味深いことも語って頂いています。


Interview: Cascine

カリフォルニアのベテランパフォーマー、DIVA。セカンドアルバム、Moon Moodsをリリース後の彼女に直撃インタビューしました。異世界的で宇宙的な彼女の頭の中をスペーシーなシンセと歌いまくるベースが駆け抜けます。

Interview: Diva

ロンドン出身、ウィーンに活動の拠点を置くUKベースの新人、S O H N。新鋭のAesopからリリースされたデビュー12″、The Wheelリリース直後の彼にインタビューすることができました。Jamie WoonやJames Blakeに続くソウルフルでクセのあるエレクトロポップ。

Interview: S O H N

続いてFocusです。Focusは僕が独断と偏見で選んだ期待の新人に焦点をあてる、イントロダクション・インタビューです。Hear Me Outは自分で自己紹介ですが、こちらは僕が質問する形式になっています。

【Focus】

初のフォーカスはダブリンのハードシンセを愛するエレクトロポップ、Ryan Vail。地元の音楽文化をサポートする彼の姿勢には関心しました。100%シルクのFort Monreauなども参加したRemix Epも今年印象に残る傑作でした。またワガママいって45分のミックスも作って頂きました。

Focus: Ryan Vail
Lights and Music Presents: Ryan Vail Autumn Mix

 

次のフォーカスは北アイルランドはベルファスト出身のベッドルームプロデューサー、Bear//Face。UsherやJustin Timberlake、How To Dress WellなどモダンR&Bを独自の解釈でチルウェイブリミックス。まだ19歳という才能溢れる新人です。

Focus: Bear//Face

続いてはカリフォルニアの可愛い可愛いCarling Ruse。彼女もBear//Faceや東京のTaquwamiと同じくR&Bを現代的な視点で掘り下げるベッドルームプロデューサーです。Ta-Kuが主宰のオーストラリアのSunday Recordsに加入し、これからの動向にも注目です。

Focus: Carling Ruse

最後にGuest。Guestは某ピッチフォークのGuest Listを丸パクリしたアーティストの「お気に入りリスト」です。これは以前のSimon Saysから続いているフィーチャーで、その時はTaquwami, Turntable Filmsの井上陽介YeYeなどに参加して頂きました。
【Guest】

最初は和製Grimesとの呼び声も高い東京のChickによるプロジェクト、Canopies and Drapes。オノマトペ大臣との新曲「チョコレート・ソング」もプレミア公開して、大変話題を呼びました。

Guest: Canopies and Drapes

次は大阪のアメリカ人プロデューサー、Bob WileyことCloudy Buseyのゲストリスト。彼の音楽の様にどこか捻くれたリストを送ってくれました。ジャスティンビーバーっぽい新曲”havUever”もプレミア公開してくれました。

Guest: Cloudy Busey

【Design】

時々変わるヘッダーはこちらでチェック出来ます。

Design

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category 未分類 | タグ: , , , |