Hear Me Out: Meishi Smile

Hear Me Outはアーティスト/バンドの自己紹介コーナーです。

今回は日本のポップカルチャーと日本のアイドルの悲劇を映し出す、アメリカのエレクトロ・ポップユニット、Meishi SmileのHear Me Out! 新曲”OVA”もプレミア公開です。

Hear Me Out: Meishi Smile

メンバー
僕が一人でトラックを制作し、コントロールされた不明瞭な「声」を与えている。将来はまた違う女の子の声を音楽に添える予定。

プロジェクトの発端
Yellow Magic Orchestraの「浮気な僕ら」
このアルバムを聴いて、このプロジェクトを始める影響を受けたんだ。

ユニット名の背景
Meishi(名刺)というのは僕が辞書を読んでた時に偶然見つけた単語。他の人が良く間違えて発音するような何か外国的なものを求めていた。その名前から果てしない解釈が生まれる感覚を加えたかったからさ。”Meishi”っていうのは日本語で一般的にビジネス用のカードとして使われている言葉だよね。

Smileは僕がとても気に入っている言葉で、多分(ユニット名の中で)僕自身を表現している部分だと思う。何も言いたいことがないから、僕はたいていの場合笑ってるんだ。これはただ形だけのもので、僕ってすぐに言葉で反応することが出来ないからそうしちゃうんだよね。笑っているからって、いつも楽しいとか幸せだとか、そういう意味じゃない。実際は全くの反対の意味にもなるって言えるよ。

友達の一人が”Meishi Smile”は「形式性が感情のふりをしている」と表現していた。この時点で、僕は「無意識に名前を選ぶ」というのがやっと形になったんだと思った。

サウンド
90年代のゲーム・ミュージックの残光と、日本のアイドルとポップカルチャーの悲劇によって定義されたパンクロック美学の占有。

インスピレーション
長く続くほろ苦いノスタルジアの感傷と、デジタル・ディヴァイドによって決定付けられた具体性の損失。

好きなアーティスト
中田ヤスタカ, tmsowacl,糸井重里、フェイ・ウォン、神聖かまってちゃん、テクノ妹子、80Kidz、Saori@destiny、非常階段、岩井俊二、My Bloody Valentine, 永田権太、Dir en grey、相対性理論、新海 誠、岡田 有希子、夢眠ねむ、ARM、New Orderなどなど。

シークレット
秘密。

Hear Me Out
ファースト・アルバム『Lust』はハートブレイクの循環を描写している。それぞれの楽曲はある特定の人物について描かれている。「疑いから自覚へ」「自覚から幸せへ」そして必然的に「幸せからハートブレイク」へ。この遷移を決めてゆく出来事の流れから、話が展開していくんだ。全ての曲がフェード・アウトしていくのは、それが「恋愛の終わり」の始まりを意味しているから。全ての曲はお互いに繋がっているし、そうでないとも言える。

Lust

OVA

その他

現実にファック。

Links

FACEBOOK
SOUNDCLOUD
TUMBLR

TWITTER

このエントリーをはてなブックマークに追加