2日で1曲完成させろ。アメリカのインディー・アーティスト育成プロジェクト『Shaking Through』とは?

「1曲を2日で完成させなさい。最初のミックスから最後のミックスまで。延長は無し。セーフティ・ネットもなし」

Shaking Throughはアメリカはフィラデルフィア州を拠点に活動する音楽プロジェクト/ドキュメンタリー・シリーズ。一年に10の若手アーティストを彼らが所有するスタジオに招き入れ、上に掲げたチャレンジを課します。その様子はプロのフィルムメイカーによって記録され、曲が出来るまでのプロセス、プロダクションのテクニックやアーティストの生の姿を映し出します。

過去の参加アーティストにTwin Sister, Sharon Van Etten, Cat Martino (with Sufjan Stevens), Big Troubles。

AVA LUNA

選ばれたほとんどのアーティストにとって、まともなスタジオを使う事も、カメラの前に立つ事も初めての経験となります。48時間という厳しい制限の中、プロのエンジニア達の力も借りつつ一曲を制作する。そして最高の機材と最高のプロダクションチーム。このプロジェクトにチャレンジすることは、若き参加者にとっても大きな成長になりますし、視聴者にとっても、実際の制作風景と成長の過程が見られるのはとても興味深い。

ではアーティストはどうやって選出されるのでしょうか。

・ユニークでクリエイティブで自発的であり、キャリアを次のレベルに押し上げようと願っているけれど、持続の可能性がまだちょっと低いアーティスト。契約があっても無契約でも良い。

・音楽やアートコミュニティに参加している知名度があり、尊敬を受けるアーティストによって毎回選出されます。過去のキュレーターにはThe AntlersやDr. Dogがいます。(最新エピソードのAva Lunaのキュレーターは1stシリーズに参加したTwin Sister!)

・参加者はアメリカ全土から招かれます。いずれは世界から参加者を選出することも視野に入れているとか。

Sweet Lights

ちなみにShaking Throughで出来上がった新曲は、ペンシルヴェニアの非営利団体Weathervane Musicによって所有されますが、ほとんどは直接アーティストの手に渡ります。しかし、契約したレーベルに独占的にShaking Throughで録音された曲をライセンスさせてはいけません。

Sharon Van Etten

大きな希望を持ったアーティスト達のキャリア育成や経験を支援するのには最高のプロジェクトだと思うし、すでに著名な人たちから選ばれるのもいい。日本でもこういうプロジェクトできないかな。

出来あがった曲はこちらのサイトでダウンロードが出来ます。
http://wvmusic.bandcamp.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加