Focus: TEEZ’FM

Photo by Nicolas Robin


TEEZ.FM
は6年前にティエリー・ヨソーが立ち上げたフランスのオンラインラジオステーション。彼らのセレクトする音楽は、Kylie MinogueやRoisin Murphy、Arcade FireからCut Copyまで、インディーとポップの塩梅がちょうどよく、さらにインタビューや楽曲の放送を通して、新進気鋭のアーティストたちの紹介に熱を注いでいます。世界中から音楽を聴きに彼らのサイトに集まるそうですが、なんと日本からの訪問者数は世界でも第5位らしいです。”We Are Pop”のスローガンのもと、世界中にハイクオリティのポップミュージックを届けるTEEZ.FMの創始者、ティエリーにお話をうかがいました。またLights + Musicのために、プレイリストも作成していただきました!当インタビューの最後からストリーミングできます。ぜひ聴いてみてください。

Focus: TEEZ’FM
By Satoru ‘Teshi’ Teshima, March. 19, 2015


簡単に自己紹介をお願いします。

僕の名前はティエリーでパリに住んでいます。僕は常に音楽とともに生きてきました。南フランスの地元のラジオ局でプレゼンターとして数年働いたこともあります。子供の時から、この先の人生音楽で何かをしていくだろうなと思っていました。

Teezはどのようにしてはじまったのですか?

約6年前にTeezを立ち上げました。最初はどれだけビッグになるか想像もしていませんでした。オンラインラジオ局はその時まだ物新しいものだったのです。新しいラジオの概念を考える必要がありました。何か新しいものを打ち出す。僕たちのジャンル(インディー、ポップ、エレクトロ)に誠実に、ぶれることなく、常に真新しいものを提供する。一日のいかなるときもArcade Fire、Hot Chip、最新のFlorence + Machineが流れていますし、新しいアーティストを発見することもできる。今年のはじめから、新しいプログラムが放送のほとんどを占めています。TeezはRadionomyグループ(オンラインラジオ局)を通して放送されています。ここ4年で、主要メジャーレーベルやインディーレーベルとの共同プロジェクトを築きあげました。

Teezはつねに新しいアーティストをインタビューを通して紹介していて、その情熱にはとてもインスパイアされます。特集を組むアーティストはどのようにセレクトしているのですか?

僕は毎日たくさんの音楽を聴いています。いろんなレーベルから新しい音源が届くし、新人の作品も毎日紹介されているから、そこからTeezのプログラムにあったアーティストを発見してます。

あなたがたのスローガン”We are Pop!”はTeezのスタイルにばっちりあっていると思います。あなたにとってPOPとはなんですか?

POPはいろいろな意味になります。Teezでこのスローガンを考えたとき、Teezを何か新しくて、ポップで、聴いてて飽き飽きしないライトな場所にしたかったんです。

統計によると、日本にはすでに多くのTeezリスナーが存在するみたいです。あなたの選ぶ音楽に日本のみなさんが惹かれるのはなぜだと思いますか?

まったく想像がつきません。世界のTeezリスナーのなかでもトップ5に入っていて、Teezを立ち上げてから、日本のリスナーから優しいメールも受け取ってます。日本のみなさんはきっとシンセポップが好きなのかな?

最近注目しているアーティストはいますか?

Lights + Musicのために20曲注目の楽曲をセレクトしました。最近はBØRNS のEPをリピートしてます。すごく素晴らしいです。

Teezの将来を教えて下さい。Teezをどのように進化させていきたいですか?

最近新しいビジュアルを打ち出しました。さらにポップなロゴです。公式のTeezのアプリがさまざまなストアで、2015年の前半に登場します。昨年の9月からいろんなアーティストがTeezのためにプレイリストを提供してくれました。KALTBLUTによる月のプレイリストがそろそろ公開されます。その他には、Teezレーベルを立ち上げる構想はずっと頭の中にあります。

Connect with TEEZ’FM

Listen live

Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Focus | タグ: , , |