Column: 世界各国のセーラームーン主題歌

RNO0F3nVyuSZE1SNnvQIOJkRGoeY0xD6vNyNs5eEiOzHVOWcAOzgazIuAG7Iwzdj

普段は未だ発掘されていない国内外のインディーミュージックを紹介しているLights + Musicですが、今回はコラムと題して今までずっと気になってきたことをやってみようと思います。それは、YouTubeを使って世界各国のセーラームーンの主題歌を片っ端からチェックして、文化の違いにフォーカスしてみようというもの。

僕は普段は海外のコピーを日本文化に合わせて翻訳するという仕事(ローカライゼーションやアダプテーションと言います)をしているので、日本人なら誰もが知っているであろう、あのアイコニックな「ムーンライト伝説」がどのように脚色されているのか非常に興味があります。できれば歌詞まで研究したいのですが、さすがにそれは後回しで勘弁してください。

ウィキペディアによるとアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、フィンランド、オランダ、ベルギー、ポーランド、ロシア、ハンガリー、韓国、台湾、香港で放送されていた模様。実際にはその他の国の主題歌も見つけたので、おそらくこの情報は古いでしょう。

それでは、前置きが長くなりそうなので、本編をお楽しみください。YouTubeから独断と偏見でディグったものなので、もしかしたら公式ではないものが混じっているかもしれませんが、その点はご了承ください。

1. オリジナルに(ほぼ)忠実

英語版
オリジナルとほぼ同じ。途中でセーラー戦士たちの紹介が入ります。アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドもそれぞれ別バージョンは見つからず、多分全部一緒でしょう。

スペイン/メキシコ版
こちらもオリジナルに忠実です。スペイン語だとやっぱりエキゾチックな感じが出ていいね。

ブラジル(ポルトガル語)版
妙にアレンジが違う。カラオケトラックのようなチープさが漂ってます。

スウェーデン版
こちらもオリジナルに忠実。こぶしの利かせ方が演歌にちょっと近いかしら。

ポーランド版

ギリシャ版
ムーンライト伝説とアレンジも曲調もほぼ同じ。ギリシャ人の歌声はキレイですね。

ヘブライ語版
日本語版と比べても相違ない、わけないんですが、「かわいい」女の子のイメージというよりは、力強い女の子な感じがします。喉で鳴らす音がクセになります。

アラビア語版
右から左に読むよ、アラビア語。こちらはメロディーも一部大胆に変更加えています。

インドネシア版
こちらは独自のトラックを使っています。気持ちBPM早め。

マレーシア版
YouTubeのコメントに「子供の頃から聞いているので歌詞を全部覚えている」というのがありました。やっぱり子供の時に見ていたアニメって歌詞不思議に覚えているよね。

韓国版
歌声はかわいいのに、裏で鳴ってる音がマッチョなアレンジになってます。特にドラムが猛々しいw

広東語版
こちらは中国、広東語バージョン。特筆すべきところはないかなあ。

タイ版
同じなんだけど、なんか違う…。何だろうこのスカスカアレンジw

2. 完全オリジナル

フランス版
どうしてこうなった。男性が歌っているし、緊張感ゼロだし。歌詞が気になりますね。

ドイツ版
こちらも完全ユーロポップ化している。放送された時期も影響しているんでしょうか。ここまで完全に原作の雰囲気をぶち壊すと逆にカタルシス感じます。

イタリア版
アンニュイ。こちらもオリジナル完全無視です。単独で聞くと結構素敵。

オランダ版
こちらはドイツ語版のアレンジ。

クロアチア版
同じくドイツ語版アレンジ。ゆってもどれが最初かは知らん。

まとめ

国によって原曲トラックのアレンジやメロディを劇的に変えているものもあれば、日本語版に忠実なものもありました。ドイツ、イタリア、フランスの方向転換はとても驚きました。ドイツ語版と同じトラックを使っている国もいくつか発見しました。でもやっぱり歌詞を見てみないと、ローカライゼーションの違いはわかんないかなあ。その点は反省です。いつかは各国のセーラームーンオープニング曲でコンピレーションアルバムを作ってみたい。そんな野望が湧いてきました。それでは。

追記:

元の投稿にはインド版が含まれていましたが、実際にオンエアされたものではないことがわかりましたので削除しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category Features |