listen: Doldrums 『Anomaly』

Doldrumsの”She is the Wave“に続く新作『Lesser Evil』からの新曲公開です。予想の出来ない展開と不穏なシンセの響きがポップを築き、そしてぶち壊す。奇天烈ポップの傑作。アルバムがすごく楽しみです。

Private Dubで過去に行ったインタビューはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , , , |

Interview: INNIT (by courtesy of Eloquence)

※当インタビューは韓国のアート雑誌『Eloquence』に掲載されたものを、転載許可を得て前文と質問を翻訳したものになります。日本語の答えはアーティスト本人のものです。

久保雅之はエレクトロニック・ミュージシャンとそのファンを繋ぐ大阪のパーティー、INNITの主宰者だ。2010年に始まったこのイベントは厳格にBYOM (Bring Your Own Music)の精神を貫き、入場時にオリジナルのCDRを持ち込んだアーティストに対し、500円のディスカウントを実施している。主宰者たちはサブミッション・ブースに集められた音源を一晩かけて聴き、そこから選ばれたトラックをパーティーの最後に流している。

今のところこのコンセプトはうまくいっている。「ベッドルーム・プロデューサー」を対象にしたこのコンセプト。久保(自身もAnd Vice Versa名義でDJ活動/制作を行う)はINNITが経済的困難状態のパーティーから本格的に発動したミュージック・コミュニティに成長するところを目撃している。7回目のパーティーを企画する中、我々は久保に(パーティーの)プロモーション活動を後押ししたインスピレーション、政府のクラブに対する取締りが運営にどのような影響を与えたか、そしてINNIT世界デビューへの野望などについて伺った。

Interview: INNIT (by courtesy of Eloquence)
by Ben Landau
Translation by Satoru Teshima

Read more »
このエントリーをはてなブックマークに追加