ピアノの波に身をまかせる stream: Giulio Fagioini, “Dietro a un vetro”

a0997660413_10

8月も終わりが近づき、なんとなく夜も涼しく感じるようになった今日この頃です。お久しぶりです。二週間ほど仕事+ホリデーでヨーロッパをふらふらしてました。今回のメインはフィンランド、ヘルシンキの音楽フェスティバルFlow Festival。近日フォトレポートを公開しますね。とりわけ印象に残ったのはノルウェイのJenny HvalとアメリカのAngel Olsen、あとは期待せずに行ったらすごく良かったModerat。

それはともかく、復帰一番目の投稿はイタリアのピアニストGiulio Fagioiniの新作『Dietro a un vetro』。全編ピアノインストですが、情感たっぷりの夏の終わりの景色を見せてくれます。久石譲にも比較されるその美しすぎるメロディーの数々をご堪能あれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , , |

stream: 別野 加奈, “海辺の花屋”

unnamed(2)

ドイツのケルンを拠点にするレーベルModular Field。彼らのリリースは先鋭的で興味深いのが多いので毎回チェックしてます。LLLLに引き続き、東京をベースに活動する日本人アーティスト別野加奈(Kana wakareno)さんの最新作『海辺の花屋』が3/18にカセットでリリースされています。波のアンビエントノイズ、美しいライブ録音のピアノと、Grouperを思い起こさせるエモーショナルで荒涼としたボーカルとメロディーがとてつもなく美しいコンテンポラリーポップ。長尺でゆっくり聞かせる彼女のスタイルは、”50 words of Snow”の寂寥を極めたKate Bushのような、そんな趣があります。購入はこちらから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , |

Hear Me Out: Robert Sword

今回はUKのアンビエント・プロデューサー、Robert SwordのHear Me Outです。彼のミニマルで繊細なピアノの音色は、まさに息を呑むような美しさ。日本を八ヶ月間働きながら旅行し、滞在中に出会った音楽からも多大な影響を受けているといいます。

今回は特別に”New Year Bells”をLights + Musicにエクスクルーシブで提供してもらいました!

Hear Me Out:
Introduced by Robert Sword

Read more »
このエントリーをはてなブックマークに追加