Interview: Port St. Willow

 (3)NYのマルチインストゥルメンタリストNicholas Principeによるプロジェクト、Port St. Willowが、ブライアン・イーノに絶賛された2012年の傑作『Holiday』に続く新作『Syncope』を日本のflauから今月の27日にリリース。今作は自身がインスピレーションを受けたというTalk Talkの後期アルバムやThese New Puritansの『Field Of Reeds』と共振するスロウコアバンドサウンドを展開しています。また『アイディアが生まれた瞬間を捉える』ことをコンセプトにし、インプロビゼーション(即興演奏)にフォーカス。ちいさな誤りやノイズもそのままに、ポストプロダクションを排するというアプローチをとることで、独特の緊張感やそこから生まれる人間味を残さずパッケージしています。耳をすませば済ますほど、遥か遠くで息をする、ちいさな音の数々に出会うはずです。

今回Lights + Musicは新作アルバム『Syncope』のコンセプト、インプロビゼーションに惹かれる理由、タイトルの秘密などたっぷりお話をお伺いすることができました。インタビュー後にはアルバムの一部の楽曲を公開中。さらに深化するサウンドをぜひ目撃してください。

Interview: Port St. Willow
By Satoru ‘Teshi’ Teshima, January 30, 2016

Read more »
このエントリーをはてなブックマークに追加

listen: Port St. Willow, “Ordinary Pleasure”

前作がBrian Eno先生にも絶賛されたというブルックリンのNicholas PrincipeによるプロジェクトPort St. Willowが新作アルバム『Syncope』を東京のflauから1月27日にリリース。そのなかから”Ordinary Pleasure”が公開されてます。僕も大好きなThe AntlersのPeter Sillbermanによる妖しいシンセが背後を包み込み、不気味さとドラマを持って曲を彩るフレンチホルンの響きが、闇のなかでうごめきます。Principeの光さすようなハイボーカルも美しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , |