このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , |

watch: Starchild & The New Romantic, “Hangin On”

starchild

Blood Orangeとも交友が深い、アメリカのソングライター、Starchild & The New Romanticが新作EP+ボーナスディスク『Crucial』を日本のPLANCHAから3/2にリリース。その中から”Hangin On”のPVが公開されています。Kindness, Chairlift, Solange作品の参加からも伺えるように、アメリカのインディーR&B/POPの最先端を知るアーティストと言えます。サウンド的にも、いい感じにツボをついてくるというか。PVもBlood Orangeチックで、キャラクター映えしてます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

listen: Priest, “Our Time Will Come”

26730723_774934672699788_4128137049956450200_n

フロリダ出身のエレクトロポップ、Priestが先週リリースした新作EP『Lost Lions』より、新曲”Our Time Will Come”を公開。80’sの空気をたっぷり吸い込んだ、アンセミックなエレクトロポップチューン。今日は東京でも雪がしんしんと降っていますが、この曲を聴いたら太陽が顔を覗かせそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , |

listen: Joan as Police Woman, “Tell Me”

JoanAsPoliceWoman by Allison Michael Orenstein

ニューヨークを拠点に活動するシンガーソングライターで、僕も長年大好きなJoan as Police Womanが新作『Damned Devotion』を2月9日にリリース。その中から、新曲”Tell Me”を公開しています。新作ではさらに「感情の奥深く」に焦点を当てたソングライティングを展開しているようで、彼女の書く美しいメロディーがどのように深化しているのかとても楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

listen: Sur Back, “Valentino”

unnamed (6)

ニューヨークを拠点に活動するプロデューサー/ソングライターSur Backが新曲”Valentino”を公開してます。St. Vincentの怪奇性と、Chairliftのポップネスがクロスオーバーしたかような、ミステリアスで中毒性の高いエクスペリメンタルポップチューン。妖しく響くブラスの音がよいアクセント。”Valentino”は2月23日発売の最新EP『Kitch II』にリリース。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , |

watch: David Byrne, “Everybody’s Coming to My House”

DByrne_Promo

David Byrne大先生がOneohtrix Point Never, Jam Cityなどとタッグを組んだ新作”American Utopia”をNonsuchから3月9日にリリース。その中から”Everybody’s Coming to My House”が公開されています。LCD Soundsystemの”Daft Punk is Playing at My House”になんか似てますが、流石のバーン節炸裂で、最後まで飽きさせません。グルーヴィー。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , |

Disposed: Toko Yasuda from Los Angeles Toko Yasudaがレンズ越しに見たロスアンゼルス

スクリーンショット 2017-07-25 22.24.35

4人時代のBlonde Redheadのメンバーで、EnonThe Lapse、そしてソロ活動名義のPLVS VLTRAや、St. Vincentでのサポートなど、アメリカのオルタナティブミュージックシーンで活躍をし続ける、日本人ミュージシャンのToko Yasudaさん。最近彼女と東京で出会うことができまして、この間Neon BunnyやGold Pandaとも行った、Lights + Musicの使い捨てカメラ企画を提案してみたところ、喜んで引き受けてくれました(ありがとう!)。今回のロケーションは、彼女が活動を拠点にするロス・アンゼルス!果たして彼女がレンズ越しに見た世界は、どんな世界なのでしょうか。

001600330001

001600330027

001600330024

001600330023
001600330021
001600330005

001600330020

001600330019

001600330018

001600330017

001600330016

001600330015

001600330014

001600330013

001600330012

001600330011

001600330010

001600330009

001600330007

001600330004

おまけ:

TokoさんのSt. Vincentとのパフォーマンス

Enonではこの曲大好きです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , |

watch: Plastic Plastic, “Miss It Still”

18813641_1136465806497030_7141409778404892704_n

ヒップスターホイホイなギターポップって、あんまり好きじゃないんですが、ブルックリンの新人バンドPlastic Plasticは痒いところに手が届くというか、エモい琴線をどこまでもズンズン突いてくるので、紹介しないわけにはいけません。とことんキラキラ。とことんエモい。フロントマンもイケメン。まあそれはどうでもいいのですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

watch: Wilder Maker, “Only Child”

$

当ブログでも追い続けているブルックリンのオルタナフォーク4人組Wilder Makerがこの間Saddle Creekからリリースした7″シングルから”Only Child”のビデオを公開。バンドワゴンで仲睦まじく音楽を鳴らす様子は、曲調も相まって心が自然にあったかくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Category NEWS | タグ: , , , |