Focus: Wildarms

photo by Geordie Wood

WildarmsはブルックリンのDuncan Cooperによるソロ・プロジェクト。ヒップホップ、バレアリック、そしてアンビエントなど様々な音楽要素を細かく、ユニークにコラージュし、甘く切ない愛の物語を作り上げます。当ブログでおなじみのCascineから今月リリースされたデビューEP『Clear Eyes』はアメリカのスポーツドラマ「Friday Night Lights」をコンセプトに作られ、トラックそれぞれが登場人物へのオマージュになっています。

彼は音楽ジャーナリストとしての顔を持ち、Fader Magazineに記事をコントリビュートしています。また日本のポップアイコン、きゃりーぱみゅぱみゅからの影響を公言していて、Fコンスタントに彼女の情報を情熱的に伝えています。

今回そんな彼にたっぷりお話を伺うことが出来ました。EPのフル試聴も公開中ですので、是非インタビューと一緒にお楽しみ下さい。


Focus: Wildarms

By Satoru Teshima, Feb 15, 2013

ソロプロジェクトの名前をWildarmsにした理由はなんですか?同じ名前のRPGもありますけど。

長い話になるんだけど、この名前が気に入ってるんだ。オーディエンスが少ししかいなくて、それでも毎日ビデオをアップロードするような、パーソナルなビデオ・ブロガーをYoutubeで見つけるのに前からずっとハマってるんだよね。YouTubeが始まった時、僕のお気に入りのユーザーは「Wildarms7000」という13歳くらいの男の子だった。あるビデオで、彼は自分の電話番号を書いた紙を掲げて、みんなに電話をかけるように呼びかけていたんだ。そしたら偶然にも一週間後、ブロンドでハンサムな20歳前後のオーストラリア人がまったく同じようなビデオをアップしたんだよね。そしたらそれが口コミで広がって、CNNに「なんて賢いんだ」ってインタビューを受けることになった。それで「Wildarms7000」はすごく腹が立って、そのアンサー・ビデオを作ったんだ。ポピュラーになるためにはすでにポピュラーでなくてはならないんだ、って文句を言った。YouTubeで電話番号を掲げるに至っては、魅力的で、口上手な男にはアンフェアな利点があるってね。それで僕は「Wildarms7000」に電話して「君のビデオの方がずっと良かったし、アンフェアだ」と伝えた。その後僕は彼へのオマージュを払い自分のYouTubeアカウント名を「Wildarms7ooo」に設定した。

ゲームも好きだけど、そのゲームのことを知ったのは彼を知ってからだよ。

あなたはWildarmsとして音楽を書き、音楽ジャーナリストとして記事を書いていますね。音楽に興味を持ったのは何がきっかけだったのですか?

なんて答えたらいいか分からないな。花や焼いたチーズが好きな理由と同じように感じる。でも僕が今の生活に辿り着いたのは、①一生懸命はたらくこと—この十年間ずっと物書きを続けてきたし、音楽を作り続けた。②運—メインDJとして活躍できるような小さな大学に入ったこと、Faderのインターンシップを獲得したこと、Cascineが僕の音楽を見つけたこと、それが原因。僕の音楽への興味は頭の上で動き回る虫みたいなもの。どうしてここへ来たのかわからないけど、つねにウズウズしてる。

子供のときはどんな音楽を聴いて育ったのですか?

成長期はNapsterみたいなサイトを良く見てて、少しの間Pitchforkが取り上げる全てのアーティストの作品をダウンロードしてた。真のお気に入りアルバムは多分2001年、僕が15歳の時にやってきた。それはAesop Rockの『Labor Days』、The Shins、Nick DrakeとElliott Smithだった。「ザ・ロイヤル・テネンバウムス」のせいだね※。ヒップホップは僕にとって常に、とても重要な音楽だった。僕の両親はヒップホップを嫌っていたし、お父さんは汚い言葉がたくさん聞こえてくるからって、CDを壊したことがあったな。今ここでバラしたこと、結構恥ずかしいんだからね。ハハ。

※ウェス・アンダーソンによる、ある家族の群像劇。サントラは他にもNicoやBob Dylanの曲を収録。

新作EPの1曲目”Full Hearts”は「Wildarms」のスペルを一つずつ読み上げますね。まるでアメフトのチアリーダーのかけ声みたいです。これは「Friday Night Lights」のコンセプトに沿ったものなんですか?

その通り。DJがミックステープでよく使うコールにもインスパイアされてる。プロデューサーは自分たちの名前をいつもビートに入れこむよね。ラッパーがライナーノーツで彼らの名前を入れ忘れちゃってもちゃんとクレジットに残るように。EPの始まりの曲として、みんなの頭の中にすぐに僕の名前が残る様にしたかった。

きゃりーぱみゅぱみゅの話題に入りましょう。きゃりーについての記事をいくつかの雑誌に投稿していますよね。彼女のことを「音楽を作る今一番にエキサイティングな人物で、私が今一番注目しているアーティスト」と評価しています。彼女のポップ表現は確かにオリジナルでユニークですが、あなたが何故そこまで彼女に夢中になるのか気になります。

僕がきゃりーについて語る時は、いつも不誠実な感じがする。というのも僕は彼女の名前「きゃりーぱみゅぱみゅ」をきゃりー、中田ヤスタカ、彼女の振り付け師である増田セバスチャンとMAIKOの一括りにして使ってしまっているから。だから実際にはこのプロジェクト全体のことを評価してる。

きゃりーはフロントに立つアイコン。でも音楽は天才的だし、ファッションは奇妙でダンスもクレイジー。全てを足すとポップのあるべき姿が現れる。君が全く見たこともなく聴いたこともないものだけど、ミュージック・ボックスや吸血鬼の羽根とか、君が慣れ親しんだものを思い出させてくれる。文化的なコンテキストから言っても、きゃりーは僕が触れてきたものと全然違うし、僕みたいなリサーチ好きにとってとても圧倒的な存在だ。何故ってそこには言及元が一体何なのかを追求したり、そこに誰が関わっているか深く掘り下げる要素があるから。日本のポップカルチャーに対する知識が全くゼロの状態から、彼女の音楽、ファッション、ビデオを参考にすることで何百万もの面白い所へ渦巻いて行くことができる。

もしきゃりーに会ったら何を聞きますか?

緊張して話せないと思う。多分たくさんメモをとってる。

“Unity”には「つけまつける」のバグパイプ・パートのようなメロディーが登場します。この曲のインスピレーションは何ですか?

意識的に考えていたわけじゃないけど、君の比較は全く正しいよ。確かにあの曲は頭の中にあったし、同じヴァイブをこの曲に求めていたから。”Unity”は一番楽しんで作ったトラック。長ーい怠けたソロがあって、誰か愛する人と一緒にいるというシンプルな喜びの曲だから。

きゃりーぱみゅぱみゅの一番好きな曲は何ですか?

君が言ったばかりだからちょっとチートに聞こえるかもしれないけど、エクステンデット・ミックスの「つけまつける」のプロダクションが今のところ一番気に入ってる。このバージョンは悲しいことにミュージック・ボックスのイントロをカットしてるんだけど、ベースが入る前の最初の45秒はおもちゃの楽器と彼女の声だけで構成されてて、子供っぽいマラカスとストリングス、エレクトロピアノが踊り回るんだ。3:30辺りで素晴らしいブレイクダウンがやってきて、まるでネズミのDJが回してるみたい。でも最後のバグパイプがやっぱり一番だけどね。ビデオで見るのはもっと良い。彼女が足を前に出して、ホーンを吹くポーズをとるんだ。

最後に今年の決意を教えてください。

家を買うために貯金を頑張ってる。音楽記事を書くにしろ音楽を書くにしろ、森の小さな家の方がもっと上手くやっていけるに違いないよね。

Clear Eyes EPはItunesで現在発売中です。

リンク
Official

Facebook
YouTube
Twitter
Soundcloud

このエントリーをはてなブックマークに追加