Hear Me Out: Koloto

KolotoはUKはカンタベリーのプロデューサー、またポストロックバンド、Delta SleepのベーシストであるMaria Sullivanによるエレクトロニック・プロジェクト。今年オンラインに公開したトラック”Antares“が新人の発掘に力を注ぐBBC Radio 1のDJ、Huw Stephensに紹介され、世界中の各ブログ、メディアから賞賛を受けます。スクエアプッシャーの自由な音作り、またFour Tet以降の暖かいフォークトロニカの要素をミックスした、UKベースの「今」を感じさせる新鮮な彼女のトラックは非常にユニークで面白いです。そんなKolotoがたっぷり自身の音楽について語ってくれました。

Hear Me Out: Koloto
Introduced by Maria Sullivan, May 1, 2013

結成の背景
Kolotoはまだ初期段階です。この名義で「リリース」を始めたのは今年の一月から。ただこのプロジェクトのルーツは何年か前にさかのぼります。私が作曲を始めたのは16歳のとき。自分の曲をレコーディングしたかったので、音楽技術を学ぶことに決めました。学習の間、私の興味はエレクトロニック・ミュージックの世界に向けられ、このメディアのエンドレスに広っていくような機会に惹かれるようになったんです。

大学を卒業後は、Delta Sleepというすてきなバンドに加わりました。エレクトロ・ミュージックは制作し続けましたが、締め切りの力がないと何にも仕上げられないことに気づきました。何か始めようとしても、エーテルの中に消えて行くようでした。

Kolotoが形になったのは、私がトラック制作中に友達が急に部屋に入ってきて、ほとんど力ずくで私にそれを仕上げさせたんです。もし彼が私に音楽をオンラインにアップする自信を与えてなかったら、この記事を今読んでいる人はどこにもいないでしょうね。

ユニット名の由来
Kolotoという名前は実は勘違いから浮かび上がったものです。一度「琴」という楽器は「コロト」っていう名前なんだと教えられました。偶然にも、このプロジェクトの名前を考えていた時、「コト」という文字がメモにあって、「Koloto」というのは実際には孤児の名前だったことに気づきました。この名前の見た目が気に入りましたし、響きもいいなと思ったので、居場所を作りました。

サウンド
えーと、こういうのっていつも答えるのが大変ですよね。特に言葉で表そうとすると難しいです。多分私のアバターを見たらわかるんじゃないかしら。

インスピレーション
別のアーティストの音楽を聴くのはもちろん重大なインスピレーションです。またラッキーなことに、私の好きなアーティストの何人かはは私のベストフレンドだったりします。私の友達でバンドメイトのアダムは常に私に「もっと楽しく、リズムにはダイナミックに」とインスピレーションを与えてくれます。またDelta Sleepのデヴィンとグレンは作曲について多くのことを教えてくれました。私の兄弟は素晴らしいギター奏者で、ほぼ毎日彼の音楽を耳にしています(時には無理矢理聴かされることも)。

それ以外では正確には何が私に音楽制作をインスパイアするか答えるのは難しいです。まるでそれが必然とされているようなのです。呼吸や食事ほど本質的なものはありませんが、例えば会話みたいな、何か人生をカラフルにしてくれるものです。もし音楽を作っていなかったらどうやって時間を費やすか考えられないわ。

お気に入りのバンド/アーティスト
Toe
は私の好きなバンドの一つです。リズムも滑らかでダイナミック。Liteも好きですね。お気に入りのエレクトロニック・ミュージシャンは私の友達でもあるEkoda Map。それ以外にはedITの初期の作品は大好きです。特に”Crying Over Pros For No Reason”という作品。私は以前からサウンド・デザインと音楽を分けて考えるようにしていましたが、このアルバムはこの二つをつなげる方法を教えてくれました。スクエアプッシャーからは音の配置について多く学びましたし、子供の頃から影響されてきました。最近はBathsもよく聴いてます。

シークレット
私の友達が午後8時にポニーと愛し合ったらその子はユニコーンに変貌するって教えてくれました。実際にテストしてみたことはないけど、多分本当じゃないかしら。

Hear Me Out
私がシェアしたいのは”Sinope”というトラックです。特にこのトラックにちゃんとした意味はありません(私が気づいていないだけかもしれませんが)。シンプルなメロディーを抜き出し、それを分解し、再び並べ直して、どれだけ音がストレッチ出来るか確かめてみました。最初の30秒はこのアイディアから生まれていますが、残りはそこから派生したものです。

リンク
Official
Facebook
Twitter
Soundcloud

このエントリーをはてなブックマークに追加